字幕も吹替も無料で!人気映画
ソーセージ・パーティーデッドプールペットスーサイド・スクワッド

いよいよ無料視聴が可能に!「君の名は。」

 

ここだけの話♪動画視聴&さらに****円ゲットする方法
詳細はコチラ

う祭プラス(2017夏)会場への行き方や楽しみ方は?無料だけどグッズ購入に注意!

U-NEXT

シェアする

つむぎです!

人気YouTuberと一緒に楽しむことができるお祭りう祭!

参加したいな〜!と思っても、チケットが残念ながら取れなかったなんてことはありませんか?また、ちょっと覗いてみたいな程度の人もいると思います。

2017年のう祭は、無料のイベントも同時開催されます。

その名も「う祭プラス!」。今回はう祭プラスについて紹介していきます。

う祭プラス(2017夏)なら無料で行けちゃう!

う祭は有料でチケットが必要(2800円)になります。

しかしう祭プラスは無料で、チケットは必要ありません。そのため誰でも行くことができるんです!!

しかしう祭プラスにはクリエイター(YouTuber)たちが連日出演するわけではありません。フォトスポットなどを用意しているので充分楽しむことができるイベントとなっていますが、出演される日程は8月9日のみなので注意してください!

う祭プラス!の会場はう祭とは違うの?行き方は?

う祭プラスは8月7日、8日、9日とう祭が行われる日と同じ日に行われます。う祭プラスは、3日間ともすべて大阪心斎橋にあるBIGSTEPホールの3階で行われます。

BIGSTEPホールへの行き方は、心斎橋駅からならまず7番出口から地上へと上がります。そして御堂筋を1ブロック車の進行方向に進み、角を右に曲がります。

心斎橋駅から徒歩約7分くらいですね。

ちなみにこの会場は、8月9日に行われるう祭の会場と同じ建物になります。会場は違うので気を付けて下さい。9日のBIGSTEPにはたくさんの人が集まりそうですね…。

う祭プラスでのグッズ購入の際の注意点

う祭プラスでもグッズを購入することができます。しかし、最終日の9日しか購入することができません。そのためかなりの混雑が予想されます。グッズはBIGCATの入り口ロビーで販売されます。

う祭プラスでもう祭でも販売されるグッズは基本的には同じなので、缶バッチやスマートフォンケースなどを購入することができるんです。グッズだけ買いにきてももちろんOKですよ。

う祭のチケットが外れた方は、このう祭プラスでしかグッズを購入することができません。無料で入場しグッズを購入することができるので、人込みに紛れながら頑張ってきてください!

まだう祭は一般販売が残ってるので、そちらに賭けてみるのはありですけどね!

また、いくら室内とはいえ人の熱気でかなり厚くなるので水分補給は各自用意しておいた方がよいでしょう><

う祭プラス2017夏の楽しみ方

YouTuberを知らない人でも楽しめるのがう祭・う祭プラスです。

フォトスポットがあるので、SNSに載せるだけでもいいネタになりますよね!う祭のファンミステージでは、特定のYouTuberにしか会えませんが、う祭プラスはたくさんのYouTuberが来場されるので(日は決まってますよ)、こんな人がいるんだ〜と知るだけでも楽しいですよ。

今ってYouTuberがたくさんいるので、面白い人たちも埋もれちゃったり知らなかったりすることって多いですもんね!

う祭プラスに来場される予定のクリエイターはこちら!

AKI、なっち、TUTTI、めいちゃんねる、にゃーにゃちゃんねる、マリリンfukuse yuuri、釣りよかでしょう。、釣りいろは、太陽チャンネル、くらうんっ!ちゃんねる、ココロマンちゃんねる、MakoChannel 池田真子、あおいろTV 水木あお、とらいあんぐる、まぐにぃ、SpaceMonkeysTV、1D&ゆーぽん 、はなお、さとひろ(Satohiro)、 ひまひまチャンネル、ボンボンTV(よっち、えっちゃん、りっちゃん)、 876TV(タカモリ、のってん)

各クリエイターの来場時間などはまだ決まっていないので、分かり次第こちらでも更新していきますね。

う祭では、クリエイター(YouTuber)にサインを求めることはできないのですが、大抽選会ではクリエイターのサイン入りグッズを手に入れることができます^^

大抽選会ももちろん無料なのでぜひ参加してみて下さい!9日には大抽選会は行われないので、抽選会も参加したいし一眼でもYouTuberを見たいという場合は連日参加しないとですね。

無料で入れるお祭りでグッズが当たったらいうことないんだけどなw

いかがでしたか?う祭も倍率が高いイベントなので、行けないなという人にはかなり嬉しいお祭りですよね^^

ファンミステージなどがないのでう祭とは少し違いますが、夏のネタ作りとして参加してみるのもよいと想いますよ!

U-NEXT

シェアする

フォローする