字幕も吹替も無料で!人気映画
ソーセージ・パーティーデッドプールペットスーサイド・スクワッド

いよいよ無料視聴が可能に!「君の名は。」

 

ここだけの話♪動画視聴&さらに****円ゲットする方法
詳細はコチラ

あなそれ最終回を結末までネタバレ!全編動画視聴もこちらから!

シェアする

つむぎです!

この記事ではドラマ「あなたのことはそれほど」の最終回をラストまでネタバレしていきます。

動画も視聴したいという方はネタバレ前に動画情報もチェックしてみてくださいね^^

あなそれ/あなたのことはそれほど最終回動画視聴はこちら

2017.5.23 on air

美都(波瑠)は、涼太(東出昌大)に妊娠していなかったことを報告するが、涼太からあっさりとした返事を返され拍子抜けしていた。

一方、麗華(仲里依紗)が子どもと実家へ戻り、狼狽する有島(鈴木伸之)は、麗華を追って電話をかけるものの、冷たく突き放され一方的に切られてしまう。

そんな茫然自失の有島の元に、涼太から電話がかかってくる。今までの行いを悔い、謝罪するが、弱っている有島に対し、真顔で冷静に詰め寄る涼太。さらに麗華との現状に、心底楽しそうに笑われる始末。

涼太は、香子(大政絢)に離婚届の証人として署名捺印を頼んでいた。離婚届に捺印する香子は、とあることに気付き、涼太の狂気に初めて触れる。

そして、ついに離婚届を役所に送るという涼太からのメッセージを受け取った美都。
「最後に一度だけ」と、久しぶりに涼太と夫婦最後の晩餐を楽しむが…。

ネタバレは下部に!過去回振り返りや動画だけ観たい方は↓↓

U-NEXTで視聴する

※U-NEXTでの見逃し配信はドラマ放送後にて!動画はyoutubeやpandoraなどで違法アップロードされた動画とは違い、安全に視聴できます。

登録の仕方がわからない、ちょっと不安…という方は登録方法から無料お試し体験の流れをまとめていますので、こちらの記事をご覧ください。

あなたのことはそれほど最終話 完全ネタバレ

以下、ネタバレがありますので動画を観る前に知りたくないという方はスルーしてください!

↓↓↓ここから↓↓↓

妊娠検査薬を見つめる美都。

妊娠はしてなかった。

「妊娠、していませんでした」

涼太に報告したものの、

「離婚届記入して郵送してくれたら出しておきます」

と素っ気ない返事。

信じていいのかな…と半信半疑でいる美都だった。

一方、麗華が実家に帰ってしまっている有島。
麗華に、迎えにいくと電話をするものの冷たくあしらわれてしまう。

「私真剣に考えたんです。なのに今のあなたに勢いだけで考えられても帰る気になれません」

「じゃあどうすんの?」

「実家にいます」

「敬語やめてくんない?怖いから…」

「私が怖い?

「…いなくなってしまうことが怖いです」

「おやすみ」

プチッと電話を切られてしまう。

そんな状況を見て、思わず「こわ…」と口走る麗華の母。

「今の私といるのは向こうも辛いと思って。」

「お前はいつも冷静で正しいね。光軌さんも大変だ…でも男なんて嘘もつくし浮気だってするよ?でもいいお父さんやってくれてるんだから…」

「そしたら何しても許されるの?」

母親のようにはなりたくないと思っていた麗華だった。

ーーーー

移動中の有島に、涼太から着信。

涼太に頭をさげる有島。今までのことを謝罪するものの、涼太は有島を追い込んでいくのだった。

「みっちゃんから聞きました」

「何をですか?」

「…ならいいです」

「これからどうするつもりですか?」

「僕らが別れたら、奥様さえ騙し続ければ…」

「それはもうありません。嘘じゃないです…正直それどころじゃなくて…」

麗華にも出て行かれたことを告白する有島。

でも涼太は笑うだけだった。

「それは大変だ

奥さん、真の強そうな方でしたもんねでもそれどころじゃないなんて…

最初から奥さんが大事でみっちゃんが二番だったってことですよね?」

「すいませんでした…本当に申し訳ありませんでした」

涙をためて頭を下げて謝罪し、美都と元に戻ってほしいと言い出す有島に怒る涼太。

「あなた、悪い人だ。極悪人だ」

鬼の形相!!!こわい!!

「でもまあ普通もいい人なんでしょう、あの奥さんが結婚する程度には。

奥さんのこともお子さんのこともそれなりに大事にして、みっちゃんのこともまあまあ大事にしてたのかもしれない。そこそこ幸せにうまくいきてきたんでしょう…

でも、もうそうはいきませんよ。」

怖いです><

「僕は、一生懸命努力してみっちゃんと結婚しました。結婚してからも…それでも、これですよ。

これから有島さんは大変ですね…」

金を置いて怒って店を出る涼太に、有島は何もいえませんでした。

ーーーー

味噌汁を作る美都。

アパートでの一人暮らしにも慣れてきたみたい。

料理したり、花を買ったり、自由を満喫する美都だったけど…ふと、月を見ながら有島と再会した時のことを思い出すのでした。

有島君は後悔したけど、私は後悔してない。そう自分に言い聞かせる美都。

有島にも、「離婚しました」とメッセージを送る。

美都は有島の幸せまでは祈れなかった。

一方、麗華の実家に向かう有島だったが、麗華は相変わらず冷たいそぶり。

「私がいったこと聞いてなかったの?」

「俺がいったことは聞いた?」

会話にもならず…

思わずよろけてしまう麗華を支えようとするも、「大丈夫」と避けられてしまう。

自分のことを避ける麗華に有島は思わず「俺はばい菌か?汚らわしいか?」と聞いてしまう。

ところが…

「そう、見えた?」

「そう、見えたならそうなんでしょうね…わざわざきてくれたのに、悪いけどそれじゃ」

やっぱり一方的に切ろうとする麗華に、

「ごめん悪かった!反省してる 二度としない」と平謝り。

(麗華の顔はめっちゃこわい!)

「どうしたらいい?いってくれよ土下座でもなんでもするから!」

「やめて。そんなことして…一生ゆるさない。帰ってください。今は離れていたいんです。さよなら」

実家の扉を閉める麗華に、落ち込む有島。帰宅してからお香をつける。

ーーーー

涼太から、離婚届の証人を頼まれた香子。

「僕とみっちゃんを知ってる人に終わりをみてもらいたい」

「ちゃんと二人のことを、夫婦のことを知ってる人に…」

証人欄にサインをし、ハンコを押す香子。

「あっけないですね、こんなので終わった僕らは…」

と、離婚届に水滴が落ちる。

「汚れるとあれなのでしまいましょう」と香子が離婚届に目をやると…明日は涼太の誕生日であることに気がつく。

「あれ。渡辺さん明日誕生日じゃないですか」

「これが彼女から僕へのプレゼントですよ。ひどい女でしょ。」

この人、怖い…。涼太の狂気に初めて触れた香子だったのです。

ーーーー
そんな中、職場でおにぎりを食べる美都。

離婚したことを同僚に告げる。

「えっ、今日って…」

涼太の誕生日に美都が気づいた矢先、涼太からメッセージが。

「離婚届役所に郵送しておきます。これで本当にさよならですね。今までどうもありがとう」

受理されるのはいつ?とメッセージを入れかけて、「お誕生日おめでとうございます」とメッセージを送った美都に、涼太から着信がくる。

「ありがとう。覚えていてくれて」

「あのさ、がっかりしたでしょ。子供できてなくて」

「がっかりなんて、べつに…何言ってんの?」

「そうなの?みっちゃんへこんでるんじゃないかなと思って。」

「私は元気です」

「みっちゃんらしい」

私らしいのか…と電話を切ろうとする美都に、

「最後に一回だけ、一緒にご飯食べない?」

ーーーー

小さなおでん屋さんで、美都と涼太は最後の晩餐。

「何にする?」

「じゃ冷酒ください。」

「いいねえ」

涼太がもう指輪をしていないことに気がつく美都。

「最後は何の思い出もないところのほうがすっきりしてよくない?」ということでおでん屋を選んだ涼太。

離婚記念と、誕生日に乾杯…

一人で食器とかどうしているかなどを話しながら、たわいもない話をする二人。

まったりしちゃうなあ…私たち別れるんだ。本当かな。この人本当に離婚届出したのかな?と、疑問に思い出す美都。

香子に離婚届の証人になってもらったことを話す涼太。

やりなおしたいな…

できることなら初めてのカフェから…

プロポーズした公園から…

いっそ生まれ直したい…あれより楽しいことあるのかな。人生長いな…

美都とやり直せないことをしみじみと語り出す。

思わず、心が動いてしまう美都だったが、香子からメッセージが入る。

「昨日涼太さんに会った。あの人少し怖いね」

「だれ?香子さん?」見逃さない涼太…本当に怖い!!

「え?病院の子…」とごまかす美都だったけど、涼太の目が明らかに笑ってない!とにかく目が怖い!

離婚したというのに、部屋をがらっと変えるから遊びに来てよ!なんて美都に言えちゃう涼太。一体何を考えているんでしょう…

ーーーー
赤ちゃんと寝ている麗華のもとへ再び来た有島。

「私の話通じなかった?」

冷たくあしらおうとする麗華を無視して、有島は勝手に上がりこむ。

有島は子供の顔を見にきていて…

「それじゃああこちゃん、行ってきますね〜」

子供に声をかけて、仕事に向かう有島。そして仕事が終わったら、再び麗華の実家のもとへ行き子供に声をかける。

麗華の母も心配して有島に声をかけるものの、「あこに会いにきただけ」と言い張る有島。

自宅で一人で頑張って起きては、眠そうな目をこすってまた実家に…

子供に朝の挨拶だけして、会社に行く。帰りも疲れ切った顔で眠そうにして子供に会いにくる有島を見かねて、麗華も「明日もくるの?」と心配に。

「こないとただいまもおやすみもいえないでしょ」

「クマ出てるけど…もう明日は」

黙って帰る有島。

ーーーー

美都と涼太のことを心配する美都の母。

最後にもう一度ご飯食べようと言われたことを聞き、「最後?」と不安になって涼太に会いに行く。

涼太のマンションに行くものの、結婚式の写真がまだ飾ってあった。

しかも、離婚したというのに結婚指輪をしている涼太に母は気がつくのであった。

「離婚したんだから、美都がここに来るわけないでしょ?

本当にあの子もバカよね。浮気されても夫婦でいたいって言ってくれてるのに、ここにいたら一生安泰だったのに…

良太さんも浮気しかえしたらよかったのに」

「僕はそんなこと…」

「できないか、お天道様に怒られちゃうかもね」

「亡くなったお母さんがよく言ってたんだって?いい大人になってもママの言いつけ守っていいこちゃんだね。」

突っ込んでくる美都の母に戸惑う涼太。

「でもさ、辛いなら美都の手なんて離してもいいんだよ。お天道様も怒ったりなんてしないでしょ」

「僕は間違ってたんでしょうか」

「そういうのに正解なんてないよ。ただ二人とも苦しそう…子供には笑っててほしい」

美都の母も、辛かったのだ。

「美都が今までお世話になりました」

そう母は涼太に頭を下げた。

「最近、涼太さんから連絡あった?」

涼太が離婚をしていないかもしれないことに気がついた美都の母は、美都に電話をかける。

結婚式の写真が飾ってあることも、指輪をしていることも告げ、「最後ってどういうつもりでいったのか…」と余計な不安がかけめぐる。

ーーーー

相変わらず、子供に会いに麗華の実家を訪れる有島。

「なんか。こういうのってあれみたいね。とにかく自分が努力して頑張ってる姿を見せつけてプロポーズを受け入れてもらおうとしてる人みたい」

そういう努力の方向って無駄、バカみたい、と突っぱねる麗華に、

「だからいいんだってあこちゃんにあえて麗華の顔がみれれば。許してもらおうとかじゃなくて俺がしたいことをしてるんだから」

と勝手な返事をする有島だった。

「それだけでいいなら…なんで私はこんな思いをしてるの?

あの人は、あなたのこと癒してくれた?

楽しかった?あの人といるときのあなたは、私が見たことのないあなたなのかしらね。

でもね、私も…こんな自分みたことがない。

あの顔(美都の顔)一生忘れない。私をこんな風にさせたあなたのことが憎いです。」

麗華も当然ながら心に負った傷は大きいですもんね><

それでもめげない有島君。

「愛してるよ、麗華。」

そう伝えるものの、平手打ちをされてしまいます。それでもさらにめげずに「愛してる」。麗華は平手打ちを繰り返し…

「お前は光軌さんが正しいから好きになったの?」

黙る麗華。

「じゃあ、なんで?」

有島君も憎めないやつというか、根は真面目というか、本当に大切なものに気づいた様子。

「もう会いません。連絡もしません。ブロック削除していいですか

うちは絶対別れません。ごめんなさい」

麗華とは別れないと決心した有島は、美都にメッセージを送る。

すると…

「了解です。あやまることはありません」

意外な返事。

ーーーー

美都のもとへ、香子から連絡が来る。

「あんたの新居どこ?」

前はできなかった料理を振る舞い、恋話で盛り上がる美都と香子。

香子にも3年4ヶ月ぶりに彼氏ができたようだ。

思わず美都が香子に聞く。「その人、歴代1位?」

「それ比べても仕方がなくない?

あの頃好きだった人はあの頃の自分が好きだった人

あの頃好きだった人はもうこの世にはいない亡霊。妖精…まぼろし?」

そう言う香子の言葉に、美都は占い師に言われたことを思い出していた。

「あなたの夢はまぼろし。いない人に恋しても幸せになれない…」

あの頃好きだった人、有島君はもうこの世にいない人と同じ。最初から幸せにはなれない恋だったのです。

ーーーー

眠そうに自宅に帰る有島の目の前に、皆美が現れる。

「奥さんまだ実家ですか?私のせいなんです。ごめんなさい…」

幸せそうなのが悔しくて、とビラを撒いたことを白状する皆美。

「麗華はそんなこと一言も…」

麗華がずっと辛い思いをしていたことに、ハッとする有島(おせーよ!)

再び麗華の実家に行き、空き缶を捨てている麗華を思いっきり抱きしめてキスをする有島。

「気持ちいいね!」

笑顔でいう有島。

麗華は、有島とキスした時のことを思い出す。

有島に抱きしめられて、お香の匂いを感じる。

「お香って癒されるな」

「優しくてずるい人…」

笑顔で実家に戻る二人。

「でも、もうあの時ほど気持ちよくはないかな」と呟く麗華。

ーーーー

役所にて。

まだ離婚してないことになっていた美都と涼太。

離婚届を出しておいてくれることになってたのに出してなかったことを小田原に相談するも、一週間ほど涼太が会社を休んでいることを知らされる。

「涼太にしてみたら奥さんと友達いっぺんになくしたのと同じだからね。俺じゃダメだからさ、あいつのこと頼みますよ。」

そりゃそうですよね。小田原も涼太のことずっと好きだったんですもん。涼太からしたら友人だと思ってたのに…って感じですよね。

心配になり、涼太のいるマンションへ行く美都。

誰も出ないので、鍵でドアを開ける。

「涼ちゃん…いないの?」

テーブルの上に、結婚式の写真が飾ってあることに気がつく。

やり直したいな…

いっそ生まれ直したい…

おでん屋で涼太が言った言葉を振り返る。

最後にってどういうつもりで言ったのか…まさか!!

もしかして、と思い走り出す美都!

ずっと涼ちゃんが怖かった。

涼ちゃんがわからなかった。

苦しくてたまらなかった。

でも、忘れてた。涼ちゃんは…私の夫は、あんなにきれいに笑う人だったのに。

涼太を傷つけたことに気がつく美都。

プロポーズされた高台の公園へ。

一人で高台に立っている涼太。

「涼ちゃんが死んじゃったら私…」

涼太が思いつめて自殺するんじゃないかと心配した美都だったけど…

「君は自分を肯定することにかけては天才的だね。

君が誰かに恋をしていたのと同じように、僕も恋をしていたのに気がつかなかった?

今、僕の気持ちは…

みっちゃんのことはそれほど。

みっちゃんもそうでしょ?みっちゃんはまだ本当に人を好きになったことないんじゃない?二番どころか一番も…」

涼太怖いなーと思ってたけど、同じように傷ついている涼太を見ていると切なくなってしまいました。

「私、これからあなたのことを傷つけたこと忘れずに生きていこうと思います。本当にごめんなさい」

やっと謝罪ができた美都。

握手をして、美都は涼太の手の感覚を思い出す。「この手は本当に好きだった」なんて思った瞬間、手を離されて一人で歩いていく涼太。

二人で背中合わせになり、別々の方向へ歩き出す。

美都が背中を向けて歩き出している中、涼太は海に向かって指輪を投げ捨てる。

ーーーー

1年後。

一人でのアパート暮らしも慣れた美都。

一方で、子供と歩く有島。

有島は麗華と一緒の人生を、美都は美都一人の人生を歩んでいた。

病院から出てくる麗華と有島。向こう側から皆美夫婦が歩いてきて、まさかの再開。

出会った当時は夫と仲も悪かったのに、今では夫と手をつないで仲睦まじい様子の皆美。しかも二人目も妊娠していた。

「変わったな…」

ふと呟く有島たちに気づいた皆美は軽くお辞儀をするものの、有島たちと話すこともなく他人のふりをして消えてしまう。

「いろんな夫婦がいるのね」と麗華。

美都は結婚式場へ。

すると、涼太が前から歩いてきた。しかも女性と一緒に…女性の手には、「ウエディングプラン」と書かれたパンフレット。

「久しぶり」

「元気そうだね」

「うん、それじゃ…」

涼太には、新しい彼女ができていて結婚するんだ…そう思ってた美都だった。

なんで美都が結婚式場に来てたのかというと、香子と司の結婚打ち合わせにきていただけでした。なんと香子の彼氏が司だったとはw

ちなみに涼太と小田原はその式場に仕事できていただけで、涼太と一緒にいた女性も別に新しい彼女とかでもなんでもなかったんだけど、美都はそれを知らないまま。

美都に気がついた小田原は、

「いいのか?ほっといて」

なんて涼太にいうけれど、涼太は…

「それほど。」

もう、美都のことはフッ切れたみたいでした。

とその時、イケメンが「すいません!」と美都に声をかける。

運命の出会い!?と思ったものの。犬が美都のところに走ってきただけw運命の出会いではありませんでした。

人の幸せはまだ喜べない美都。

運命の出会いはもちろん、まだ知らない…。

それぞれの人生を歩み、幕を閉じました。

↑↑↑ここまでネタバレ↑↑↑

いかがでしたでしょうか?ざっと内容をネタバレしてみましたが、それぞれの表情とかはやっぱり動画で見た方がわかりやすいと思います^^

U-NEXTでドラマを視聴する

わかるw小田原のスピンオフも見てみたいですね。だって切ないじゃないですか。

ドラマを1話から見みたい人にオススメサービスとは?

「あなたのことはそれほど」を見逃し配信しているビデオオンデマンドサービスはU-NEXTです。

TVerなどでもいいのですが、1週間しかみられないんですよね。

そのため、過去回が見たかったり、1話から最終話まで一気に観たいといってもなかなか難しいんですよ。

しかしU-NEXTでは第1話から配信されているので、見逃してからかなり時間が経ってしまっても安心!しかも31日間無料お試しができてポイントももらえるので、有料サービスでありながらかなりお得に動画を見ることができちゃうんです!

U-NEXTでドラマを視聴する

登録方法がよくわからなかった…という場合はこちらの記事を参考にしてみてください。わかりやすく説明しています。

シェアする

フォローする